美顔マニュアル

美顔マニュアル

簡単にできるシワ対策とは?

 

自分の顔を鏡で見た時に気になる「シミ」。目立つ日と目立たない日もありますよね。
顔の「シミ」は実際の年齢よりも老けて見えてしまう上に「シワ」も増えてくるというダブルパンチで老けた印象になってしまいます。
充分に睡眠を取った翌朝はしわが目立たなかったり逆に、徹夜や寝不足後に目の回りにクマが出来た経験はありませんか?

 

顔のしわ対策には、「睡眠」が重要なんです。
新陳代謝を促す成長ホルモンは「睡眠時」に分泌されます。
お肌には、「夜更かしと睡眠不足が大敵」というのは、昔から言われている事です。

 

「成長ホルモン」は、眠り始めてから最初の3時間に集中して分泌されます。
眠り始めの3時間に深い睡眠を取るように意識して眠るように心掛けましょう。
しっかりとした睡眠を取ると意識する事によって睡眠の質は高まリます。
しっかり睡眠を取ることに加えて「就寝前の肌のケア」をする事によって、ハリのある美肌に繋がり顔のしわ対策にもなります。

 

「就寝前の肌のケア」は「たっぷりと保湿クリームなど塗って寝る」という単純な事でいいんです。
また、「顔のシワ対策」として睡眠の姿勢についても顔に「シワ」ができやすくなります。
横向きで寝ると顔の左右どちらかの横方向に重力がかかってしまい、眉間に「シワ」が出来やすくなリます。
顔の「シワ」が出来ないように寝るには、仰向けで寝るようにしましょう。

 

 

身近にある美容効果がある食べ物とは?

 

顔は加齢やストレス、過労等がたまると実年齢より老けて見えてしまいがちですよね?
顔に目の下にクマができたり皺が増たりするのは、体から発信されているSOS信号なのです。
高価な化粧品購入したり美容整形へ通ったり多くのお金を継ぎこめば防止する事ができますが、なるべく手軽にお肌の健康が保てたら良いですよね!

 

そんな美肌効果のある食べ物とは大豆製品です。
大豆製品は良質なたんぱく質を多く含み、良質なビタミンB1や鉄分、脂質やカルシウム、食物繊維など多くの栄養素を含んでいる優良食品です。

 

最近では「大豆イソフラボン」という言葉を良く聞きませんか?
「大豆イソフラボン」は大豆に含まれている成分で、ポリフェノールの一種で豆科の植物に多く含まれる成分です。
女性ホルモンの「卵胞ホルモン(エストロゲン)」に似ている事が解ってます。

 

「卵胞ホルモン(エストロゲン)」は女性の健康上に大変重要な役割を担っています。
女性は更年期を迎えるとホルモンバランスが崩れ、さまざまな自律神経の失調症状があらわれます。
自身で可能な対策として、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と同じような働く食材を取ることが重要になります。

 

大豆製品には様々なものがあります。豆乳、納豆、豆腐などいろいろあります。
和食を中心とした食事を意識すれば自然と取れるのではないでしょうか。

 

 

シミ・そばかす対策について

 

「シミ・そばかす」を予防をするには「紫外線対策」が基本です。
「シミ・そばかす」を予防するには、紫外線を肌に当てないようにしなければいけません。

 

紫外線をカットするには、日焼け止めクリームを使用するのが効果的です。
縁の広い帽子をかぶったり、日傘をさしたり、長袖の服を着用するなど、なるべく肌の露出を抑えて紫外線に当てないように注意しましょう。
最近は紫外線対策用の色々なグッズが売られているので、それらを上手に使って紫外線対策をしましょう。
「日焼け止めクリーム」を使用するのも効果があります。

 

面倒だからと体用の日焼け止めを顔にも使用するのではなく、顔専用の日焼け止めを使用しましょう。
顔専用の日焼け止めは、顔に使用するために開発されたもので、化粧下地として使えるものも多くあります。
また保湿効果が高く、パウダーファンデーションを使用しても粉っぽくならないように工夫されています。

 

顔のお肌は体のお肌よりもデリケートです。
体用の日焼け止めには肌を刺激してしまう紫外線吸収剤などが使われているのに対し、顔専用のものは無添加、低刺激のものが多く、紫外線予防だけでなくお肌の乾燥も防止してくれます。
日焼け止めグッズと日焼け止めクリームを合わせて使用し、上手に紫外線対策を行いましょう!