スピードラーニングで英会話を習得した私の体験談

私は幼い頃から、アメリカのコメディドラマや映画が好きで、その好きな思いはいつしか英会話を上達したいという気持ちに切り替わっておりました。しかし、どのように学習すれば英会話が上達するか、分からないまま過ごしておりました。大学生になって、アメリカに留学することが決定した頃、アメリカに行く前に事前学習がしたいと考え、スピードラーニングをやってみることにしました。スピードラーニングにしたのは、既にアメリカに留学していた従兄の影響です。従兄は、留学の事前学習として、渡米する前にスピードラーニングを使用していたところ、現地でとても役にたったとのことです。私もその話を聞いてみて、早速挑戦してみることにしました。毎日机に向かって学習するのが苦手な私にとって、スピードラーニングを聞くタイミングは、通学の電車の中です。特に朝の時間は頭がさえていますので、自然と英語が頭に入ってきました。毎日毎日聞き続けて、半年が経過しました。いよいよ留学で渡米する時がやってきました。期待を胸に膨らませて、私はアメリカに向かいました。私にとって初めての海外となりましたが、飛行機の中でも自然にアメリカ人乗務員に注文をすることが出来ました。どうやら学習した効果があったようです。

お金をかけない英語検定の格安勉強法

英語検定を受けるためにかかる費用は、受験料のほか、試験会場に出向くための交通費などが挙げられます。
さらに、勉強のために参考書や過去問題などの教材を購入すれば、その分お金が必要になってきます。

だからといって、かならずしもお金をたくさんかけなければ英語検定に合格できないわけではありません。
勉強法によっては、お金をかけることなく、格安で勉強することができます。
極力お金をかけない勉強法の中でも、とりわけどんな立場にも向いているのが、インターネットを活用した方法です。

さらに、素人によって作られたコンテンツなどもおすすめです。
インターネット環境が整っていれば、無料で利用できる英語検定対策のコンテンツがたくさんあります。
素人が作った過去の問題集や、独自の英語検定対策問題などは、公的機関が販売している書籍と内容が似通っていることもあるのに、価格面は大きく差が開くことも多いです。

どうしても、まったくお金をかけない勉強法では、ほんとうに実力がついているのか不安と思ってしまうなら、最後の最後に公的機関が発売している参考書を購入して実力試しをすることもできます。
一冊書籍を購入するだけでも、通常の勉強法と比べればずいぶんと教材にかける費用を削ることができます。

時間を確保できない中の英語検定勉強法

英語検定に受かるための勉強法で、一番必要なのが時間です。
どんな勉強法にも、十分な時間の確保が欠かせません。

しかし、学業が仕事である学生ばかりが英語検定を受けるわけではありません。
仕事で忙しい社会人の中にも、英語検定の合格を目指す人はたくさんいます。

そこで重要になるのが、多忙で十分な時間が確保できなくても、英語検定に合格できるような勉強法です。
仕事で忙しい場合は、十分な時間を確保することはあきらめなければならないケースもあります。

だからといって、英語検定を受けることや合格することさえもあきらめてしまう必要はありません。
十分な勉強時間が確保しにくい中、効果的な英語検定勉強法を実践するポイントになるのが、勉強内容の濃さです。

つまり、濃度の高い勉強法を実践することで、勉強時間が少なくても役立つ知識を身につけることができるわけです。
具体的な勉強法としては、その時々で勉強する内容のテーマを決めます。

熟語なら、ビジネスシーンの熟語、環境用語として頻出する熟語のように細かくテーマを絞り込んで、限られた時間の中で濃厚な勉強を実践します。
テーマを決めてしまえば、あとはテーマにそって内容を濃縮させればいいだけなので、勉強の方向性がぶれて時間を無駄にしてしまうことにはなりにくいです。

外国人に学ばない英語検定の勉強法

英語検定は、外国人に学ばない勉強法でも合格できます。
英語圏の外国人に学ぶ勉強法と比べて、外国人に学ばない方法のほうが、意識しないうちに外国人講師に頼ってしまうことを防げます。

さらに自分なりの英語検定学習法が出来上がるので、徐々に難易度を挙げて英語検定に挑戦したいと計画している場合にも、うまく乗り切ることができるスキルを自然と身に付けられます。
簡単に説明すると、外国人講師に教えてもらって英語検定に合格するケースと、自分なりに勉強して合格するケースとでは、どちらが自分の英語力と勉強法に自信を持てるようになるか、です。

そもそも、外国人に学ばない英語検定の勉強法は、どんな内容のものがあるかというと、一番おすすめなのが外国人講師が教える特徴を、日本語で説明できている教材を活用することです。
ポイントは、外国人講師が実際に活用している日本語教材を選ぶのです。

外国人講師は、英語だけで授業を行っている人ばかりではありません。
中には、日本語で英語検定対策を担当している人もいます。

試験対策ができる講師が選ぶ教材は、講師が不在でも一生懸命勉強に活用すれば効果が期待できます。
結果、外国人に学ばなくても、自分で外国人講師に学ぶような質の勉強法を確立できます。

留学にとらわれない英語検定の勉強法

留学ができたら、語学の壁なんて簡単に崩せるうえ、英語検定も簡単に合格できるだろうと考えるのは、実に甘い考えです。
留学で英語力を身につけたいと考えている人にこそ、ぜひ実践してもらいたいのが留学にとらわれない勉強法です。

英語検定の中には、日本人向けに用意されているものもあります。
つまり、留学をした人向けに用意されている検定ではなく、したがって留学をしたことがない人でも勉強法を工夫すれば、英語検定にばっちり合格することができるのです。

留学にとらわれない英語検定の勉強法は、理想的な留学環境をイメージするのがコツです。
矛盾していると思われることがありますが、理想的な留学環境こそが重要ポイントです。

実は、留学をしても、理想的な留学環境が手に入る確率は決して高くないのが現状です。
なぜかというと、留学したこと自体に満足してしまい、理想的な留学環境から目をそらしてしまうことすらあるからです。

日本にいながら、理想的な留学環境をイメージすれば、実に理にかなった環境がイメージできます。たとえば、日本人が全くいない環境、英語だけしか話せない環境などです。
これらは、日本でも実現可能であり、英語検定の勉強法としても効果が期待できる環境です。

くじけない英語検定合格までの勉強法

英語検定に合格するまでの道のりは、人それぞれ違います。
短い道のりで無事合格できた人もいれば、かなり長い道のりを経てやっと合格できた人もいます。

どれほどの道のりが必要になるか、これは神様にしか分からないといっても過言ではありません。
想像できない英語検定合格までの道のりに、くじけそうになってしまう人も多いです。

しかし、くじけたところで合格への道のりが途絶えてしまうことを忘れてはいけません。
そこで、くじけない勉強法を実践するのです。

ズバリ、何度試験に失敗しても何度も受けなおす気持ちで、長い目で見た勉強法を取り入れます。
一度だけのチャンスで、英語検定に合格しようとすれば、集中力を高めモチベーションを維持することにもつながりますが、自信がない状態で一発勝負をしてしまうと、結果関係なしに一度の受験で燃え尽きてしまう可能性が高いのです。

何度不合格になってもよいと考えるのではなく、何度受けてでも合格を手にするという気持ちで、長期的にのぞめる勉強法を実践します。
たとえば、何度も繰り返し使える英語検定用の試験対策や、基礎をまとめてある教材などがおすすめです。
一度使ったら、二度目は使う気にならないような教材は避け、何度でも使える教材で勉強を重ねます。

人気の高い英語検定勉強法選ぶポイント

自分なりの英語検定勉強法が、自分で作れないと判断した場合は、人気の高い英語検定向けの勉強法を参考にするのがコツです。
ただし、人気の高さだけで勉強法を選んでしまうのは禁物です。

選ぶポイントは、どんな受験生に人気があるかという点です。
たとえば、帰国子女に人気があるのか、留学経験のない日本人に注目されているのか、といった点を見比べなければなりません。

逆にいえば、外国で人気の英語検定・関連試験の勉強法を選ぶときには、細心の注意が必要になります。
なぜなら、日本人に効果的な勉強法かどうかが判断しにくいからです。

日本語は独特の言語です。英語に近い言語を話す国もあれば、日本のようにかけ離れた言葉を母国語としている国もあります。
そうした国をいっしょくたにして、世界で人気の勉強法などと紹介されていれば、注意しなければならない理由は容易にわかります。

日本国内で人気があり、英語が苦手な日本人が実際に実践してみて効果が得られたといった勉強の仕方であれば、英語検定を初めて受ける人にも効果が期待できる勉強の仕方といえます。

ただ、人気が高いと紹介されていない勉強の仕方でも、実践する人によっては相性がよいことも十分にありえます。

英語検定の勉強法は受ける級以外も復習する

英語検定の勉強法でよくある間違いが、自分が受ける級だけを勉強する方法です。
たしかに、自分が受ける級は一生懸命に勉強しておかなければなりませんが、英語検定の種類やレベルによっては、同レベルだけ集中する勉強法では、落とし穴にはまってしまうリスクが伴います。

なぜかというと、たとえば上級レベルの検定を受ける場合、そのレベルよりも下のレベルがすべて試験内容に含まれていることがあるからです。
わかりやすく言えば、高度なレベルの英語力を備えていても、基本中の基本が問題に出ることもあり、答えられるようにしておかなければならないわけです。

実際の例として、日常の英語力に問題がない受験生が、英語検定の面接タイプの試験で不合格となったことがあります。
十分に英語力を持っているにもかかわらず、なぜ不合格になってしまったかというと、基本中の基本が確立できていなかったからです。

不意に、簡単な質問が飛んできたとき、的確に返答できなかったわけです。
難しい英単語を覚えるだけでは、上級の試験を突破することはできません。

簡単な単語を適切に使いこなせなければならないことも、どの級の英語検定を受けるにしても、勉強をする上で覚えておかなければならないことです。

英語検定の勉強法には時間の使い方を変える

英語検定に受かる為に時間を費やして勉強が必要ですが、自分の勉強法を見直してみるのも攻略のひとつと言えます。
英語検定の場合は生きた英会話というよりも、点数を稼ぐことが第一になるので、やり方によっては合格への道は困難なものでもないのです。

しかし、一生懸命勉強するあまりに寝る間を惜しんでいる人もいまして、多くの人は休んでいる間に勉強が遅れてしまうと焦ってしまう人がたくさんいます。
焦りというのは自分の勝手な思い込みによって生まれるので、出来ないイメージをつけてしまいがちです。

人間の身体はとても精密にできています。
それはしっかりと集中できる時間と休息する時間が二つ合わさって効率よく勉強が出来るのです。

寝ている時間や休憩する時間を取りいれなければ、心や脳が狂ってきてしまいます。
そしてしっかりと脳を休めてから勉強を始めると無理やり勉強をするよりも効率よく覚えていくことが出来て、点数を取るために重要なポイントを逃さずに覚えることが出来るのです。

少し考え方を変えてみて勉強法に変化を加えてみると英語検定のような問題集をクリアするスピードも速くなるのです。
24時間という時間を有効活用するには質を変えていくと良いでしょう。

英語検定の勉強法は専門教材がカギ

英語検定向けの教材でなくても、英語検定何級に見合った試験対策ができますなどと紹介されている教材があります。
しかし、英語検定を目標に効果的な勉強法を望むのであれば、わざわざ専門教材ではないものを、これは何級までなら対応できるのだろうかと一つずつ確認して選ぶよりも、何級対策などと明確に書かれた専門教材を手に入れたほうが簡単です。

また、英語検定の勉強法に、専門教材がカギになる理由はほかにもあります。
ズバリ、余計な内容が含まれていない点です。
専門教材以外だと、どうしても英語検定対策には必要のない内容が加えられています。

なぜなら、英語検定がメインではない教材だからです。
専門教材以外は、検定を目指している人以外でも勉強できるように、教材の内容が構成されています。
検定専門の教材は、検定合格こそメインなので、検定の合格ラインに必要のない英語知識は省かれていることが多いです。

だからこそ、余計な勉強に頭を悩ませることなく、検定を目指しているのに寄り道をしたり、無駄に時間を使ったりすることがなくなり、効率よく勉強できるようになります。
これさえ勉強して頭に叩き込んでおけば、検定合格も夢ではない教材といわれている理由でもあります。

英語検定1級を目指すためのニュータイプの学習方法を提案します。新発想の『21世紀型英語勉強法』であなたも英会話がペラペラに!