大島椿(ツバキ油)について

“「大島椿(ツバキ油)」は1927年に誕生しました。80年以上にわたって使用されているのでご存知の方も多いでしょう。
田舎に帰省するとおばあちゃんが使っていた…何て記憶に残っている方もおられるのではないでしょうか。
昔から使用されて続けている「大島椿(ツバキ油)」ですが、ヘアオイルとしてだけでなく、スキンケアとしても使えるんです。

「椿油」の主成分である「オレイン酸トリグリセリド(オレイン酸)」は皮膚にも含まれています。
オリーブオイルや他のオイルにもオレイン酸含まれているのですが、時間がたつと変質したり酸化したりします。
しかし、ツバキ油にはそのような変化が起こりにくく、少しの量で肌や髪の毛に優れた美容効果が発揮されます。
長い時間優れた油分が肌に停留して、酸化しにくいので皮膚のトラブルの危険も少なく、直接肌に着けたとしても安心して使えます。

乾燥肌が気になる方にはフェイスマッサージオイルとしてでもクレンジングとしてもお勧めです。
椿オイルはオレイン酸が多く含まれているのでにきびが気になる方やオイリーな肌の方は避けた方が無難です。
「大島椿(ツバキ油)」はクレンジングをに使用する時は10滴程度、オイルパック・角栓ケアに使用する時は5滴程度が目安です。